明日上場!アセンテック(3565)IPO直前初値予想とセカンダリー予想!

いよいよ明日、アセンテックが上場します!
SBI証券主幹事で当選した方も多いと思いますが、注目の初値結果は果たしてどうなるでしょうか・・・!

スポンサーリンク




市場東証マザーズ
上場日4/18
業種卸売業
事業内容仮想デスクトップに関連する製品開発、販売及びコンサルティングサービスの提供
公募価格2,000円(仮条件は1,840円~2,000円)
吸収金額9.20億円(+1.26億円)
時価総額30.3億円(+4.25億円)

公募価格は上限の2,000円で決まって安心材料となりました。

初値予想は?

アセンテック 直前初値予想
4,900円(+2,900円)+145%

アセンテックのIPO評価のおさらいですが、業種が企業向け仮想デスクトップサービスで人気高、GW前最後&単独上場&SBI主幹事で注目度も高い、小型IPOであることから初値高騰の期待が高いでしょう。

逆に心配すべき点は、売出株の比率が多いこと、売上鈍化、VC保有ありでロックアップ1.5倍で解除されることになります。
ただ過去の同規模の類似企業の結果から公募比+1.5倍(3,000円)で初値形成する雰囲気はなさそうです。
いずれにしても公募組と合わせて売り玉が多いことから、初値高騰の重荷にはなるかもしれません。

上記のことから予想は公募比+2.5倍手前の4,900円とさせていただきました。
本来ならもう少し上の予想でもいいのですが、VC保有等や個人投資家の売り圧力がやや強いと言ったところが初値を押し下げそうな感じがしております。

先日上場した旅工房は、地政学リスクから直前で大手予想会社が揃って下振れする予想となりましたが、結果は強い初値を見せてセカンダリーでも好調な展開となっています。
これらの結果から地政学リスクがあってもIPOには今のところ影響は薄いと言ったところでしょう。
逆にIPOに資金が流れるという好循環も起きるかもしれません。

セカンダリー期待度は?

セカンダリーですが行使可能なストック・オプションが多数あり、上場後の売り圧力となりそうです。
ただ旅工房のセカンダリーが好調に推移していることもあり、依然セカンダリー需要が高いことから短期前提での取引なら利益を狙えるかもしれません。
可能性は低いですが3,000円前後での予想外の初値が付く可能性もあり、そこで参戦できたら面白いかもしれませんね。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。