チャレンジポイント使用で必ず当選チャンス!SBI証券 IPOルール・詳細や評判

SBI証券はIPOにおいて、70%配分の完全抽選とポイント抽選があるネット系証券会社です。

IPO投資では必須と言える証券会社となりますので、まだ口座開設していない人は真っ先に開設することをおすすめします。

IPOチャレンジポイント

SBI証券ではチャレンジポイントという独自のポイントサービスがあり、このポイントを使用して、IPO申込みを行うと、使用したポイントが多い順から当選が割り当てられるという仕組みを取っています。

抽選配分枚数の30%がチャレンジポイントの抽選に割り当てられます。

チャレンジポイントはIPOが落選した場合に、一つの銘柄につき1ポイントずつ貯まります。
補欠当選や当選した場合は、ポイントが貯まりませんので注意が必要です。

ポイントをたくさん使用して申し込んだ順から必ず当選されますので、初値高騰が期待できる銘柄の申込みに利用するのがおすすめです。

ポイントを使用して落選した場合でも、きちんとポイントは返ってきます。ありがたいですね。

ただ注意点としては、補欠当選した場合に辞退した場合は、使用したポイントは返ってきませんので気を付けましょう。

また、買付余力の不足や需要申告価格が公開価格以下だった場合に「抽選対象外」となり、ポイント付与の対象になりませんのでこちらも注意が必要です。

申込株数が多いほど当選確率が高くなる完全抽選方式

完全抽選(70%配分)では、上限なしで申し込み株数が多いほど、当選確率が上がる抽選方式を採用しており、資金が多い人ほど有利な仕組みになっています。ただ抽選対象の口数が増えるだけで、必ず当選されるというわけでもないので、申込み株数が少なくても当たるときは当たります。

ただSBI証券が主幹事の時は、できるだけ多くの株数を申し込むことをおすすめします。
最近の傾向としては少ない申込み株数でも、当選している人が続出しています。

運が良ければポイントを使用しなくても、S級IPOに当選することもありますよ。

同一資金でのBB(ブックビルディング)ができる

前受金不要で資金が拘束されないので、重複申込みが可能です。

抽選日までに入金を行えば抽選対象となります。
さらに入金額が申告株数に足りていなくても、入金分の株数は抽選されますので、資金をどれだけ充てれるか不明の時は、申告時に多めに申告しても大丈夫です。

ただ先に申し込みをしたIPOが当選した場合、その銘柄に必要な資金が拘束されます。
資金が拘束されて、後に申し込んだIPOの必要額に足りない場合、抽選対象になりませんので注意が必要です。

HYPER空売りサービスでIPO銘柄も空売り可能

SBI証券では通常空売りできない銘柄でも、信用売りが可能となる「HYPER空売りサービス」が用意されています。
これを利用することで過熱感が高まっているIPO上場直後を狙うなど、収益を上げるチャンスを得ることができます。

SBI証券のIPO取扱い数

年度取扱い数
2017年83
2016年75
2015年78
2014年64
2013年44

ネット証券の中でも、毎年安定してIPOを取り扱っており、主幹事も数多く務めています。
主幹事の時はチャレンジポイントで当選期待が高くなるので積極的に使用していきましょう。

IPO当選通知メールサービスがある

SBI証券取扱いのIPOが当選または補欠当選した場合、登録したメールアドレスにお知らせが届くメールサービスがあります。
これで当選・補欠当選時の購入申し込み忘れを防ぐことができ、当選したのにIPOを受け取ることができなかった!ということを防ぐことができます。

SBI証券の取引手数料

1注文ごとの手数料プランの場合、10万円まで97円(税込)、20万円まで113円(税込)、50万円まで270円(税込)の手数料が掛かります。
また定額の「アクティブプラン」というものがあり、10万円まで0円、20万円まで206円の手数料で利用できます。

未成年口座が開設可能

SBI証券は親が口座を持っている場合、未成年でも口座開設ができます。
当選確率を増やすためにも、お子様がいらっしゃる方は開設することをおすすめします。

勧誘や営業の電話は?

そのような電話が掛かってくることは一切ありませんので安心してください。

当選報告

SBI証券のIPOルールまとめ

SBI証券の詳細・IPOルール
抽選方式完全抽選&ポイント抽選
配分割合40~50%
入金タイミング抽選まで
資金拘束抽選時
重複申込み可能
辞退におけるペナルティなし
口座開設費・管理費無料
手数料スタンダードプラン:54円~
アクティブプラン:10万円まで無料
IPO取扱い数かなり多い 83社(2017年)
開設証券口座数多い

SBI証券のIPO取扱いは毎年安定して多いです。
主幹事の時に全力資金で申し込みば、当選期待が高くなります!

また落選してもポイントが貯まりますので、取扱いがある場合は必ず申し込むことが当選の近道です。

その貯まったIPOチャレンジポイントの使用で、必ず誰にでも当選チャンスがありますので口座開設必須でしょう!

▼口座開設はこちら▼

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。