auカブコム証券との併用で当選確率アップ!三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPOルール

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は大手店頭証券の一つで、IPOにおいても主幹事を多く務めますので必須の証券会社となります。

スポンサーリンク




抽選配分率は

IPOの抽選配分は、個人の割当枚数の10%で一般的な水準になります。
ただ完全平等抽選ですのでどなたでも当選の可能性があります。
年間の当選回数に制限もありません。

ブックビルディング方式ではなく抽選方式ということも特徴です。
なので成行価格での申込みとなります。

落選表記がない

IPOの抽選結果は当選の場合「当選」、そうでない場合は「次点」となります。
他社であるような「落選」表記はなく、当選者以外はすべてこのような名称で表示されます。

次点とはいわゆる「補欠」と同等の意味ですので、この時点で落選が決まったわけではありません。
購入申し込みを行えば、当選を辞退した分の枚数が割り当てられる可能性があります。

ただその確率はかなり低いです。
全員が補欠扱いなのに加えて、後述するペナルティもあるため、辞退者が出たとしてもごく僅かでしょう。

枚数が多い主幹事であれば購入申込をしても良いかと思いますが、そうでなければ事実上の落選と変わりありませんので、無理して参加する必要はないかと思います。

辞退した場合、ペナルティーがある

三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではIPOの当選辞退をした場合、1ヶ月間の間ほかのIPOに申し込めなくなります。
当選後の購入期間も短めですので、購入し忘れでペナルティを受けることがないように注意しましょう。

毎年多くの主幹事・幹事実績

年度取扱い数(主幹事)
2019年26(5)
2018年23(6)
2017年29(4)
2016年24(2)
2015年27(7)
2014年28(5)
2013年23(4)

毎年多くのIPO取扱いがあり、主幹事も度々努めますので今後の取り扱いも期待できます。
ここ数年は20件以上安定して引き受けています。

auカブコム証券でも配分

主幹事や枚数の多いIPOの場合、グループ会社であるauカブコム証券にも配分される可能性が高いです。
auカブコム証券は100%完全平等抽選の配分ですので、両方から申し込むことで当選確率を高めることが可能です。

当選報告は?

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPOルールまとめ

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の詳細・IPOルール
抽選方式完全平等抽選
配分割合10%
入金タイミング参加申込み時
資金拘束抽選日前日
重複申込み不可能
辞退におけるペナルティあり
口座開設費・管理費無料
手数料高め
開設証券口座数普通

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は毎年数多くIPO取扱いをしており、当選攻略には欠かせない証券会社と言えます。
auカブコム証券と併せて申込みを行っていくことで当選に近づくことができるでしょう。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。