さすがにここは当選か!Chatwork(チャットワーク)のIPO抽選結果と初値予想!

本日はChatwork(チャットワーク)のIPO抽選結果を報告します!
話題のIPOで当選チャンスがありますが、果たして結果はどうなったのでしょうか?




Chatwork(チャットワーク)

Chatwork(チャットワーク)のBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事大和証券参加
幹事松井証券参加
SMBC日興証券不参加
SBI証券参加
みずほ証券参加
楽天証券参加
マネックス証券参加

Chatwork(チャットワーク)のIPOですが、地合いによっては公募割れはないと予想しほぼ全力で参加しています。

仮条件はかなり弱気の条件でしたが、無事上限の1,600円で公募価格が決まっております。

Chatwork(チャットワーク)の抽選結果

証券会社名結果
主幹事大和証券補欠当選
幹事松井証券落選
SMBC日興証券不参加
SBI証券落選
みずほ証券落選
楽天証券後期抽選
マネックス証券落選

結果ですが補欠当選どまりでした。
枚数が多くどこかで当選できるだろうと思っていましたが、まさかの当選なしでした。

利益が出るか微妙なIPOのため、補欠に申し込むかはギリギリまで考えたいと思います、

Chatwork(チャットワーク)の初値予想

初値予想
1,480円~1,700円
(-7.50%~+6.25%)

Chatwork(チャットワーク)の事業はビジネスチャットツールの開発・提供となっており、IT系で業態の人気も高いです。
クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork」の運営元であり、知名度が高く話題性抜群のIPOとなります。

吸収金額は約156億円と、東証マザーズとして非常に大型の規模となります
売出比率は9割以上でVC(ロックアップ1.5倍解除)&ストックオプションも大量と、需給面では最悪の環境。

割安性は測定不能。
今期業績はようやく黒字転換となる見込みで、すでに2Q決算時点の利益進ちょく率が100%を越えています。

単独上場で注目度は独り占めの状況。
巨大な売り圧力があるものの下値が固い展開になると、セカンダリー市場が盛り上がる可能性も。

上記のことから、初値予想を公募価格前後の予想としました。
注目度は抜群ですがイグジット案件で公開規模も重たいことから、地合いによっては公募割れになる可能性もあると思われます。

大手予想も仮条件後に軒並み下方修正しており、上場直後の盛り上がりと比べるとかなり雲行きが怪しくなっています。
個人的には割れても下値は限定的だと思われますが、上場後に買いが入らない展開になると、予想以上の損失が出る可能性があることには注意したいところです。

当選報告は?

規模が大きかったですので、当選報告もかなり多く見られました。
チャンス当選も多数あったみたいですね。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。