GMOクリック証券 IPOルール・詳細や評判

GMOクリック証券はGMOフィナンシャルホールディングス子会社のネット系証券会社です。

手数料が安いことで有名で、IPOのほかにも様々な金融商品を取り扱っています。

IPO抽選ルール

IPOルールですが、2段階の後期型抽選で行われます。
2回の申し込みが必要で、

BB(需要申告)⇒ 購入申し込み

という2段階での流れとなっています。

上記の作業が少し手間が掛かり、申込を行わないという人もいますので、倍率が上がり当選チャンスが期待できることがあります。

購入申し込みの後に抽選が行われるのですが、GMOクリック証券のIPO抽選配分率はなんと100%です。
つまり配分予定の全ての枚数を抽選に回すということです。

一般の証券会社では10%が通常の抽選配分率ですので、100%も抽選に回すGMOクリック証券では、当選期待がかなり膨らむということですね。

もちろん完全平等抽選ですので誰でも当選の可能性があります。
資金量や取引実績に左右されないですので、資金の少ない人にはありがたい制度ですね。

GMOグループのほかにも取扱いあり

年度取扱い数
2018年1
2016年2
2015年1
2014年2

以前のIPO取扱いはGMOグループのみでしたが、2016年からは、「九州旅客鉄道」「エルテス」といったグループ外のIPOも取扱いが行われるようになりました。

今後もグループ以外の取扱いが期待できますので、当選期待の高いGMOクリック証券の口座保有は必須と言えるでしょう。

GMOクリック証券の取引手数料

約定代金手数料(税込)
~ 10万円まで95円
~ 20万円まで105円
~ 50万円まで260円
~ 100万円まで470円

手数料が格安なのはネット系証券会社の強みと言えるでしょう。
1日定額プランもあり、取引スタイルによってプランを変更することもできます。

当選報告は?

GMOクリック証券のIPOルールまとめ

GMOクリック証券の詳細・IPOルール
抽選方式2段階の後期型完全平等抽選
配分割合100%
入金タイミング購入申込期間の最終日まで
資金拘束購入申込期間の最終日
重複申込み可能
辞退におけるペナルティ辞退不可
口座開設費・管理費無料
手数料81円~
IPO取扱い数2社(2016年)
開設証券口座数少ない

まだまだ口座開設者は少ないですので、今後のIPO取扱いを考えますと超穴場証券会社になります。

100%の抽選配分率、後期型抽選、手数料が格安と言った多くのメリットがありますので、来たるIPO取扱いに向けて必須と言える証券会社でしょう。

IPO取扱いが決定すると申込の殺到が予想されますので、ネット系証券会社であるとは言っても、申込期間に間に合わない可能性があります。
申込ができない事態を避けるためにも、事前に口座の保有をしておくことをおすすめします。

▼口座開設はこちら▼

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。