明日上場!三菱地所物流リート投資法人(3481)のIPO直前初値予想とセカンダリー予想!

いよいよ明日、東証マザーズに三菱地所物流リート投資法人が上場します!
ブログ村でも当選が多数報告されて注目度が増していますが、果たして結果はどうなるでしょうか・・・!

スポンサーリンク




三菱地所物流リート投資法人のIPO情報

市場東証リート
上場日9/14(木)
事業内容物流系REIT
公募価格260,000円(仮条件は250,000~260,000円)
主幹事引受価格250,900円
上限値段598,000円
上限値段195,000円
吸収金額約535億円(+20.6億円)
時価総額約535億円(+20.6億円)

初値予想は?

初値予想
265,000円(+5,000円)

三菱地所物流リート投資法人の初値予想ですが、公募価格をわずかに上回る265,000円の予想とさせていただきました。

前回の予想でもお伝えした通り、三菱ブランドの物流REITであることや、売り出し0、利回りも高水準ということで公募割れにはならないと予想します。
仮上限の上限で決まり、格付けもあって、過去の物流系リートIPOは負けなしという点もプラス要素でしょう。

ただ規模感が大きいのは需給面でマイナスになりますので、初値で1口数万の利益は期待できないかと思います。
良くて+1万、悪くて同値付近でしょうか。

大きく上昇するとしたら初値形成後になるでしょう。
後述もしますが、昨年の「三井不動産ロジスティクスパーク投資法人」と同じ展開になる可能性はあります。

気がかりな点は東証REIT指数が軟調に推移している点でしょう。
そこまで大きな影響はないと思われますが長い間下降トレンドとなっていますので、少なからず買いの妨げにはなりそうです。

指数の下落につられて三菱地所物流リートも軟調になることが考えられ、今後長期で保有したとしても、必ず上昇する保証はないと考えておいた方が良いでしょう。

セカンダリーは?

先ほどもお伝えした通り初値形成後に買いが集まる可能性もあるので、高くない初値であれば、短期&長期保有で参戦するのもいいかと思います。

ただリートは地合いによって大きく左右されますので、明日の東証REIT指数の状況によっては下に向かう可能性があることに注意しましょう。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。