低位株バイオ系IPO!ソレイジア・ファーマ(4597)IPO詳細と評価!

新規上場の承認がされました「ソレイジア・ファーマ」のIPO詳細情報です。
久々のバイオ系IPOとなります。想定価格が非常に安く初値にどう影響するか注目されます。

スポンサーリンク




ソレイジア・ファーマのIPO詳細データ

上場市場東証マザーズ
BB申込期間3/7(火)
~3/13(月)
購入申込期間3/15(水)
~3/21(火)
上場予定日3/24(金)
想定価格180円
仮条件175円~185円
公開価格185円
吸収金額40.2億円
時価総額151.3億円
当選枚数公募194,375枚
売出29,156枚
合計223,531枚

IPO取り扱い証券会社

主幹事みずほ証券
幹事マネックス証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
岡三証券
エース証券
極東証券
東洋証券
丸三証券

ソレイジア・ファーマのIPO評価

ソレイジア・ファーマのIPO評価
市場東証マザーズ
上場規模大型
業種人気バイオ系は旬が過ぎたか
売り圧力のなさ上位株主にVC保有ありでロックアップなしもある
日程面同時上場・超過密日程で買いが入りにくい
当選のしやすさ枚数多めで容易
総合評価D(4)
当選期待は高いが公募割れの可能性も高い

ソレイジア・ファーマのIPOポジティブ要素

想定価格が180円とかなり安く、仮にこの金額で公開価格が決まった場合、買いやすさから一定の買いは期待できるのではないでしょうか。

ソレイジア・ファーマのIPOネガティブ要素

赤字のバイオ系IPOということで、将来の成長性で買われるどうかですが、今はもう旬が過ぎた状況で人気的にはやや厳しいでしょう。
ロックアップがかけられていないVCがあることも売り圧力となりマイナス要素となります。

あとやはり規模が大きいですね。枚数も223,531枚とかなり多く需給面で重たくなることは避けられないでしょう。
同時上場・4営業日連続上場の最終日とあって買いが入りづらいのも初値を押し下げる要因となります。

ソレイジア・ファーマのIPO総合評価

赤字続きのバイオ事業であること、マザーズ大型で需給的な買いに期待できないことから公募割れの可能性が高いIPOとなりそうですね。
ただ想定価格が非常に安いので公募割れしても下値が限られていることから損失は少ないと思います。

少しリスキーかもしれませんが、当選が容易なことから公募割れというリスクを承知でわずかなリターンを求めるなら参加するのもいいかもしれません。
さらにみずほ証券主幹事で価格が安いことから複数配分の可能性もあり、その他の証券会社でも当選が狙えることから多くの配分GETも可能だと思います。
ただ現状は公募割れの確率の方が高いですので、無理して申し込む必要はあまりないですね。

私はスルーに近い中立のスタンスですが、大手の予想や仮条件の結果が出てから最終的な判断を決めたいと思います。

ソレイジア・ファーマのIPO狙い目証券会社

ソレイジア・ファーマのIPOをどうしても欲しいなら主幹事であるみずほ証券からの参加は必須です。
枚数が多く単価が安いので複数配分の可能性があります。

スルーするにしてもSBI証券からはチャレンジポイント狙いでの申込みは必ず行っておきましょう。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。