5万円からはじめられる株式投資型クラウドファンディング!ユニコーン(Unicorn)の評判と口コミを徹底解説!

ユニコーン(Unicorn)

ユニコーン(Unicorn)は、株式会社ユニコーンが運営しているクラウドファンディングサービスのことです。

ユニコーン(Unicorn)の詳細情報

項目詳細
運用会社株式会社ユニコーン
累計調達金額
取引手数料無料
最低投資金額5万円~
年齢制限20歳以上

ユニコーン(Unicorn)のメリット・特徴

未上場の企業に投資できる

ユニコーン(Unicorn)は株式投資型クラウドファンディングサービスとなりますので、東証等に上場していない未上場企業に投資することが可能です。

株式投資型クラウドファンディングは、通常投資できない非上場株に個人投資家が気軽に投資できるサービスとして開始されました。
まとまった資金は必要なく、小口の資金を多くの方から集めて出資を募っています。

2015年の法改正により一般の投資家の方でも購入できるようになりましたが、それまでは機関投資家しか出資が行えませんでした。
将来性のあるベンチャー企業に、個人の投資家が気軽に投資できる環境であることがユニコーン(Unicorn)の特徴となっています。

株式上場(IPO)で大きなリターンが期待できる

ユニコーン(Unicorn)で出資した未上場企業が、順調に成長を続けて上場(IPO)を果たした場合、通常の株式として市場等で売却することが可能です。

現在のIPO市場は初値が高騰することが多くあり、予想以上の高値を付けています。
そのため購入した株価よりも大きく上昇して、多大な利益をもたらすことが期待できます。

またM&A(合併&買収)による企業売却の際にも、保有している株式を売却できることがあります。
つまり新規上場までいかなくても、リターンが出る可能性があるということです。

1社5万円から投資可能

ユニコーン(Unicorn)の最低投資額は5万円からとなっています。
他社では10万円からというところがほとんどなので、少額で投資できることが魅力です。

少ない資金で出資できるため、他社では20万で2社しか投資できないところ、ユニコーンでは4社に分散することが可能です。
多くの会社に投資することで、リスク分散に繋がることが利点となります。

年1回以上株主優待がもらえる

ユニコーン(Unicorn)で取り扱う案件ですが、すべて株主優待がもらえる銘柄となっています。
年1回以上株主優待を行うことを約束した企業のみ募集しています。

募集の際に優待内容が公開されますので、最終的なリターンだけでなく優待魅力度も考慮して出資することが大事でしょう。
また配当も企業によっては出る場合があるとのことです。

他の株式投資型クラウドファンディングでは株主優待が確約されていない案件もあるので、毎年優待も欲しいという場合におすすめのサービスとなります。

企業の成長をサポートできる

現在はIT企業をはじめとした数多くのベンチャー企業が存在します。
自分の好きなサービスを提供している会社に出資したくても、個人ではその機会が多くありません。

その点ユニコーン(Unicorn)を利用すれば、スタート当初から出資という形でベンチャー企業を応援することができ、会社の成長をサポートすることが可能です。

3か月に1度は投資家への情報公開を義務付けていますので、随時会社の状況が把握できます。
また交流会のような企業と直接やり取りできる場も設けることがあるので、より密接な関係でベンチャー企業を応援できることがメリットになります。

手数料無料で購入可能

ユニコーン(Unicorn)にて未上場株式を購入する場合、手数料は発生しません。
通常の株式のような取引手数料はかかりません。

株式投資型クラウドファンディングによっては買付時の手数料が発生する会社もあるので、無料で非上場株式を購入できることがメリットになります。

募集企業はIPOのプロが厳選

ユニコーンは証券会社や投資銀行出身者が多く在籍しており、上場におけるプロによって厳選した企業を取り扱います。

将来性だけでなく、社会課題を解決できる可能性のある企業をピックアップします。
他社にはないネットワークを活用して集められた企業に、ベンチャー投資できることが魅力となっています。

注目テーマの案件を取り扱う予定

ユニコーン(Unicorn)では、今後様々な注目テーマを取り扱う企業の募集を行う予定です。

ジャンル・分野企業のサービス内容
AIAIのインフラをローコストで実現する企業
AIAI×ITによるプロジェクトマネジメント支援企業
Bio Tech再生医療で未来をサポートする企業
Blockchainブロックチェーンを広げる為のプラットフォーム企業
Consumer新しい味で地域活性化を目指す企業
Ed TechITを使い教育とテクノロジーを融合させて地域格差をなくす企業
IoT電池からの解放を目指す新技術の企業

話題のAI(人工知能)やIoT、バイオ関連やブロックチェーンといった、今注目されている技術を扱った会社の取り扱いを予定しています。
今後成長が期待されている分野に投資できますので、テーマ投資という観点でも活用することが可能です。

取り扱い案件

過去の取り扱い案件は下記となります。

案件名最低投資額募集金額
GPS×IoTの観光プラットフォーム「SpotTour」が日本の観光を変える!10万円57,500,000円

観光ツアーアプリの「SpotTour(スポットツアー)」は、「持続可能な観光整備」を可能にすることを目的に開発され、各地の名所から隠れた名所をアプリが案内してくれます。

東京メトロとの連携も開始されており、スタンプラリー「駅から始まるさんぽ道」で実証実験が行われています。
12言語対応・スタンプラリー・現地の限定情報といった、様々な機能を利用できます。

最新のロケーションテクノロジー「TAGCAST」によって通常GPSが届かない場所でも、高精度の位置情報を利用することが可能となっています。
SpotTourは他にはない強みを持っていることから、今後も多くの利用ユーザーを獲得できることが見込まれます。

3~5年後のIPOを目指しているとあり、上場期待も高いです。
投資株数によって投資家特典(アプリ利用料金割引クーポン)がもらえることから、募集開始後すぐに満額に達しています。

エンジェル税制が受けられる

募集案件によっては、エンジェル税制を受けることができます。
エンジェル税制とは、新興企業に投資を行った投資家に対して、税制上の優遇措置を行う制度のことです。

対象案件であれば所得税の優遇措置が受けられるので、投資額に応じて節税になることがメリットと言えます。

顧客の資産は信託保全されている

ユニコーン(Unicorn)では、投資家の資金と会社の資金を区別して管理しています。
日証金信託銀行によって信託保全されています。

そのため運用会社の経営状況が悪くなって仮に破綻したとしても、投資したお金は守られて返ってきますので安心です。

ユニコーン(Unicorn)のデメリット

リスクは高め

ユニコーン(Unicorn)をはじめとする株式投資型クラウドファンディングですが、出資した企業が上場した場合大きなリターンを期待できることが魅力です。
しかし実際にベンチャー企業が上場まで至る確率は僅かであり、ハイリスク&ハイリターンの投資となっています。

そのため生活資金をすべて注ぎ込むようなことはせず、必ず余剰資金で行うようにしましょう。

自分のタイミングで売却できない

通常の株式投資では、市場が開いているときであれば好きなタイミングで売却することが可能です。
利益が出たタイミングで利確して、売却益を得ることができます。

一方株式投資型クラウドファンディングでは非上場の株式に投資するため、市場では売却できません。
「今売りたい!」と思っても、自由に売買できないことがデメリットとなります。

口座開設のハードルがやや高め

ユニコーン(Unicorn)の口座開設はどなたでも行えるわけでなく、一定の審査が設けられています。
20歳以上75歳未満であることや、国内に在住している方であることが条件となります。

また200万円以上の金融資産を保有している・1年以上の投資経験があるといった、資産と投資経験の有無も問われます。
これらの条件を満たしていないと開設できない可能性が高いので、申し込む際は注意しましょう。

まとまった資金は投資できない

未上場株に投資できる金額は、年間で1社につき一人当たり50万円までと決められています。
これは投資家が受けるリスクの抑制のために定められている法律となります。

出資した企業が上場まで至れば、少額の投資金額でも大きな利益が期待できます。
同じ会社にまとまった資金を投入することはできませんが、他の会社にも出資して分散性を高められるという意味では利点とも言えます。

ユニコーン(Unicorn)の口コミは?


ユニコーン(Unicorn)の評価まとめ

ユニコーン(Unicorn)ですが、今まで個人では投資できなかった非上場株式に投資できることが評価されています。
IPOにおけるプロの集団が厳選した案件を取り扱うので、案件自体の信頼性も高いと言えます。

また5万円から少額で気軽に出資できることや、株主優待が毎年もらえることも魅力の一つです。
今なら本会員登録でアマゾンギフト券がもらえますので、興味のある方はこの機会に利用の検討をしてみましょう。

▼公式サイトはこちら▼

SNSでもご購読できます。