SBI証券主幹事で注目度は抜群!No.1(3562)IPOのBB参加スタンスと初値予想!

3月28日に上場予定のNo.1の仮条件が決定しましたので初値予想と抽選参加スタンスを含めてお伝えします。


No.1のIPO仮条件

ブックビルディング期間3/9(木)~3/15(水)
購入申込期間3/21(火)~3/24(金)
上場日3/28(火)
想定価格1,470円
仮条件1,450円~1,570円
吸収金額7.43億円
時価総額21.5億円

証券会社別の抽選枚数(予想含む)

証券会社抽選枚数
主幹事SBI証券1,683枚
幹事SMBC日興証券22枚
岡三証券9枚
岩井コスモ証券9枚
エイチ・エス証券7枚
東洋証券4枚
アイザワ証券4枚
水戸証券-枚
エース証券37枚
極東証券-枚

No.1の初値予想とBB参加スタンス

初値予想と評価

初値予想
2,400円〜3,000円

大手予想会社の初値予想 2,500円〜3,000円

No.1の仮条件は想定価格を上振れた1,450円~1,570円のやや強気よりの中立設定となりました。

業種は卸売業でオフィストータルサポートを行っているということで、IPOの人気としてはやや地味な印象が否めません。
ただ社名の派手さと、SBI証券主幹事ということで一般投資家の注目度は高くなりそうです。

約7.43億円という規模がジャスダックでも小型にあたり、VC保有なしでロックアップも万遍なく掛かっていることから需給面では良い環境でしょう。

買い疲れがでる3月終盤に上場なので初値に影響を与えそうです。

ということで私の参加スタンスは全力参加とします。
割安な価格設定であることやIPOとして特に悪い要素は見当たりませんので、過密日程であることを除けばある程度のプラスリターンは見込めることが参加の理由です。
ただ見込める利益からSBI証券のチャレンジポイントを使ってまで当選を狙うかは微妙といったところでしょう。

No.1のBB参加スタンス

証券会社抽選枚数
主幹事SBI証券参加
幹事SMBC日興証券参加
岡三証券参加
岩井コスモ証券参加
エイチ・エス証券検討中
東洋証券ネット申込不可
アイザワ証券ネット申込不可
水戸証券ネット申込不可
エース証券ネット申込不可
極東証券ネット申込不可

SBI証券のポイント当選ボーダーラインは130ポイント前後と言われていますが前日のピーバンドットコムの件もあり、期待からもう少し高くなるかもしれませんね。
ただ配分は200株セットと思われるのでポイント使用はやはり少々微妙といったところでしょうか。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。