ウェーブロックホールディングス(7940)IPOのBB参加スタンスと初値予想!

4月10日に上場予定のウェーブロックホールディングスの仮条件が決定しましたので初値予想と抽選参加スタンスを含めてお伝えします。


ウェーブロックホールディングスのIPO仮条件

上場市場東証2部
ブックビルディング期間3/23(木)~3/28(火)
購入申込期間3/30(木)~4/4(火)
上場日4/10(月)
想定価格840円
仮条件720円~750円
吸収金額50.7億円
時価総額93.4億円

証券会社別の抽選枚数(予想含む)

証券会社抽選枚数
主幹事みずほ証券4,529枚
幹事SBI証券474枚
SMBC日興証券263枚
野村證券237枚
岡三証券53枚
丸三証券゙53枚

ウェーブロックホールディングスの初値予想とBB参加スタンス

初値予想と評価

初値予想
720円~750円

大手予想会社の初値予想 840〜900円

ウェーブロックホールディングスの仮条件は想定価格を上振れた720円~750円かなりの弱気設定となりました。
機関紙投資家などからの評価があまり良くなかったのでしょう。

事業内容としては各種合成樹脂製品の製造・加工・販売およびそれに付帯または関連する事業ということで地味な印象です。
吸収金額約51億の大型案件で東証2部上場では初値高騰はまずないと言っていいでしょう。
2009年7月に上場廃止の再上場案件ということも、IPOとしては毛嫌いされる要素となりますね。

さらにすべて売出し株というのも利益確定イベントとなり、これまたイメージが悪いです。
業績も良くなく、調べれば調べるほど悪い要素が目立つIPOと言えそうですね。

まだ当選の少ない私としてはせっかく当たりやすい銘柄なのにまったく買い要素がなくて残念だなと思いましたが、価格設定がやや割安で買いが集まりやすい金額ということは唯一評価できる部分でしょう。
ここ数年の公募価格1,000円以下IPOの勝率は非常に高いです。
ただこの銘柄がすぐに欲しいという人は限られそうなのでやはり初値を押し上げる要素とはならなさそうですね^^;

ウェーブロックホールディングスのIPOは悪い要素がたくさん目立つので、BB参加するのは見送った方が良いIPOですね。

ということで私の参加スタンスはスルーとします。
スルーと言ってもSBI証券のチャレンジポイント狙いの申し込みは行います。

現段階の初値予想ですが、東証2部上場の同規模IPOの過去結果などから公募価格付近とさせていただきました。
公募割れの可能性もありますので、参加は慎重に決めた方が良いでしょう。

ウェーブロックホールディングスのBB参加スタンス

証券会社抽選枚数
主幹事みずほ証券不参加
幹事SBI証券参加
野村證券不参加
SMBC日興証券不参加
岡三証券不参加
丸三証券゙不参加

枚数が多いIPOだけに当選チャンスが高いですが、ここはリスクを取らず見送り方針とします。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。