SBI証券で悲願の当選なるか!?ブランディングテクノロジーのIPO抽選結果と初値予想!

本日はブランディングテクノロジーのIPO抽選結果を報告します!
注目度の高いSBI証券主幹事案件ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?




ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーのBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事SBI証券参加
幹事楽天証券参加
大和証券参加
丸三証券見送り
むさし証券参加
岩井コスモ証券参加

ブランディングテクノロジーのIPOですが、超小型で初値高騰が期待できることからほぼ全力で参加しています。

仮条件はかなり強気の条件でしたが、上限の1,740円で公募価格が決まっております。

ブランディングテクノロジーの抽選結果

証券会社名結果
主幹事SBI証券落選
幹事楽天証券後期抽選
大和証券未抽選
丸三証券見送り
むさし証券未抽選
岩井コスモ証券後期抽選

結果は残念ながら落選でございました。
今回は枚数が少なすぎたので仕方ありませんね。

ただ今週末にはSBI証券案件のインフォネットIPOが控えていますので期待したいと思います。

ブランディングテクノロジーの初値予想

初値予想
4,700円~5,220円
(+170.1%~+200.0%)

ブランディングテクノロジーの事業はITを活用した起業サポートをメインとしており、IPOにおいて特に人気があるテーマではありません。
類似企業がすでに多数上場しており新規性もなし。

中小企業をターゲットにストック型ビジネスを展開していて、派手な成長は見込めないものの、安定した経営が期待できそうです。

吸収金額は約2.7億円と、マザーズとしても超小粒の案件となります。
ただベンチャーキャピタル保有株は、公募価格+1.5倍で解除されるので注意が必要。

かなり強気の仮条件となりましたが、割高感はなく妥当な株価水準。
業績はやや頭打ちですが、今期も二桁増益となる見込みです。

SBI証券主幹事IPOということで、個人投資家を中心にかなりの注目を浴びそうです。
やや過熱気味の初値となりそうで、初値形成後の売り圧力には気を付けたいところ。

上記のことから、初値予想を公募比+3倍を上限とする予想としました。
業種的に人気があるわけではないものの、プラチナチケットで需給的な買いを期待できることから、初値高騰になることは間違いないでしょう。

当選報告は?

かなり枚数は少なかったですが、当選報告はまずまずと見受けられました。
ポイント当選ボーダーラインも気になるところです。報告を見る限り380P台後半でしょうか。
当選された方はおめでとうございます!

Twitterでも初値予想を配信中

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。