クラウド関連で高騰期待!HENNGE(ヘンゲ)のIPO抽選結果と初値予想!

本日はHENNGE(ヘンゲ)のIPO抽選結果を報告します!
そろそろ当選が欲しいところですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?




HENNGE(ヘンゲ)

HENNGE(ヘンゲ)のBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事野村證券参加
幹事大和証券参加
マネックス証券参加
SBI証券参加
岡三証券参加
丸三証券参加
いちよし証券参加
委託幹事岡三オンライン証券参加

HENNGE(ヘンゲ)のIPOですが、人気のテーマで初値高騰が期待できることから全力で参加しています。

仮条件はかなり強気の条件でしたが、上限の1,400円で公募価格が決まっております。

HENNGE(ヘンゲ)の抽選結果

証券会社名結果
主幹事野村證券落選
幹事大和証券未抽選
マネックス証券落選
SBI証券落選
岡三証券落選
丸三証券落選
いちよし証券未抽選
委託幹事岡三オンライン証券落選

結果ですがいつもの通り落選でございました。
IPOの地合いが不安定な状況でも当選することができませんね。

ここ数年まともなIPOに当選できておりませんが、めげずに申し込みを続けてまいります。

HENNGE(ヘンゲ)の初値予想

初値予想
2,600円~2,950円
(+85.7%~+110.7%)

HENNGE(ヘンゲ)の事業は企業向けクラウドセキュリティサービスの提供となっており、クラウド関連で人気の業態となります。
直近ではAWS導入支援会社の「サーバーワークス」が記憶に新しいですが、公募価格4,780円に対して18,000円の初値を付けています。

提供サービス(HENNGE One)は年額課金のサブスクリプションサービスとなっており、契約企業数は1,000社を超えています。
売上高の約8割を同事業で占めており、今後の成長はHENNGE Oneに懸かっていると言えそうです。

吸収金額は約21億円と、東証マザーズではやや重たい規模となります
売出比率は96%と高く、ベンチャーキャピタル(ロックアップ1.5倍解除)・ストックオプションもまずまずの売り玉があります。

テーマ性があることから価格設定は強気の条件で、割安性は皆無。
今期業績は二桁増収ながら大幅減益見込みで、オフィス賃料の増加や人件費などが収益を圧迫するとのことです。

同日にはSBI主幹事の「AI CROSS」が上場するので、少し資金分散の影響が出そうです。
小型案件かつ割高の価格設定ではないことから、AI CROSSに資金が流れるようだと初値が抑えられる可能性がありそうです。

上記のことから、初値予想を公募比+2倍前後の予想としました。
クラウド関連で注目度は高く成長性も期待されていることから、堅調な初値を付けるものと思われます。

当選報告は?

枚数がそれほど多くなかったので、ネットでの当選報告も少なかったです。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。