リスク覚悟で突撃した結果は!?ランサーズのIPO抽選結果と初値予想!

本日はランサーズのIPO抽選結果を報告します!
リスク承知で参加しましたが、果たして結果はどうなったのでしょうか?




ランサーズ

ランサーズのBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事大和証券見送り
幹事マネックス証券参加
楽天証券参加
SBI証券参加
SMBC日興証券見送り
三菱UFJモルガン・スタンレー証券見送り
松井証券参加
岩井コスモ証券見送り
委託幹事auカブコム証券見送り

ランサーズのIPOですが、公募割れリスクはあるものの少しリターンが狙える可能性もあると予想し一部から参加しています。

仮条件はかなり弱気の条件でしたが、上限の730円で無事公募価格が決まっております。

ランサーズの抽選結果

証券会社名結果
主幹事大和証券見送り
幹事マネックス証券当選
楽天証券後期抽選⇒当選
SBI証券落選
SMBC日興証券見送り
三菱UFJモルガン・スタンレー証券見送り
松井証券落選
岩井コスモ証券見送り
委託幹事auカブコム証券見送り

結果ですがマネックス証券から一枚当選しました。
どれか一つは当たるだろうと思っていましたが、まさにその通りになりましたね。

1つGETしたことで後期抽選に申し込むかは少し考えたいと思います。
評価の低い銘柄ですので、あまりリスクは取りたくはないですね。

ちなみにマネックス証券では初の当選となります。
正直S級銘柄で当選が欲しかったですが、どんな銘柄であれ初当選は嬉しいですね。

【追記】後期抽選の楽天証券でも当選となりました。
枚数も多かったため当選倍率は約8倍と高かったです。

ランサーズの初値予想

初値予想
690円~750円
(-5.4%~+2.7%)

ランサーズは、国内最大級のクラウドソーシングサイトを運営している企業になります。
競合のクラウドワークスは2014年に上場し、公募比+70%以上の初値を付けています。

働き方改革により副業やフリーランスへの需要が高まっており、ランサーズの会員数も100万人を突破しています。
メディアにも積極的に露出していて、12月のIPOの中では知名度がトップレベルです。

吸収金額は当初の予定から減額されて、約22億円(承認時は約76億円)となっています。
実に半分以上も規模が縮小されており、重量感は少し軽減されています。

ただVC保有は大量にあり、1.5倍ロックアップが新たについたものの、大きな売り圧力になりそうです。

仮条件は大幅に引き下げられたものの、赤字上場のため割安性は図れません。
今期業績も赤字拡大見込みで、イグジット案件と見られて仕方ないでしょう。

また3社同時上場であることもネックな部分となります。
同日に上場する「ベース」がまずまず期待されているIPOなので、一定の資金分散の影響を受けそうです。

数少ないプラス要素としては、公開規模が縮小されたことと、単価が安くなり買いが入りやすくなったことでしょう。

上記のことから、初値予想を公募価格近辺の予想としました。
公募割れリスクもそれなりにありますが、大胆な条件変更を行ったことで多少リスクが少なくなったと言えるでしょう。

当選報告は?

当選枚数がかなり多いですので、早速当選報告が見られました!
主幹事以外からの当選も多いみたいですね。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。