3月目玉IPO奇跡の当選なるか!?サーバーワークスのIPO抽選結果と初値予想!

本日はサーバーワークスのIPO抽選結果を報告します!
高騰間違いなしの目玉IPOですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク




サーバーワークス

サーバーワークスのBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事大和証券参加
幹事野村證券参加
SBI証券参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券参加
東海東京証券参加
岡三証券参加
マネックス証券参加
いちよし証券参加
委託幹事岡三オンライン証券参加
カブドットコム証券参加

サーバーワークスのIPOですが、Amazon関連で注目度は高く初値高騰が間違いないことから、全力で参加しています。

仮条件は強気の条件でしたが、上限の4,780円で公募価格が決まっております。

サーバーワークスの抽選結果

証券会社名結果
主幹事大和証券落選
幹事野村證券落選
SBI証券落選
三菱UFJモルガン・スタンレー証券落選
東海東京証券落選
岡三証券落選
マネックス証券落選
いちよし証券落選
委託幹事岡三オンライン証券落選
カブドットコム証券後期抽選

結果は残念ながら落選でございました。
そう簡単には当たりませんね。

「ミンカブ・ジ・インフォノイド」あたりが狙い目ですので、なんとか当選できたらと思います。

サーバーワークスの初値予想

初値予想
10,000円~10,800円
(+109.2%~+125.9%)

サーバーワークスの事業はAWS(Amazonクラウドサービス)の提供と、アマゾン関連となりIPOとして人気の業種となります。
4年連続でAWSのベストパートナーに選ばれており、導入実績も700社以上・5,700プロジェクト(2019年2月現在)と数多くあります。

吸収金額は約18億円と、東証マザーズとして中型の規模となります。
VC保有は少ないですが上位株主のロックアップが1.5倍で外れることや、ストックオプションの量がまずまずあることは頭に入れておいた方が良いかと思います。

価格設定は成長性のわりに割安感があり、プラス要素と言える。
今期業績は大幅増収に加えて6倍以上の利益増と、まさに今ノリに乗ってる急成長企業。

規模的には小型ではありませんが、値嵩株であるため枚数はすくなく、節目の1万越えは達成しそう。
ウイングアーク1stが上場中止となったことで単独上場となり、さらに注目度が高くなりそうです。

上記のことから、初値予想を公募比2倍以上の予想としました。
地合いも良好でかなりの買いを集めそうですので、予想以上の初値となる可能性もあるでしょう。

当選報告は?

枚数は多くありませんでしたが、個人配分の多い主幹事だけあって当選報告が多かったです。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。