力の源ホールディングス(3561)新規上場!「一風堂」のIPOで大注目間違いなし!

新規上場の承認がされました「力の源ホールディングス」のIPO詳細情報です。
ご存知の方も多いと思われますが、あの「一風堂」運営会社になります。
以前から噂がありましたがまさにその通りの3月上場となりました。

スポンサーリンク




力の源ホールディングスのIPO詳細データ

上場市場東証マザーズ
BB申込期間3/2(木)
~3/8(水)
購入申込期間3/10(金)
~3/15(水)
上場予定日3/21(火)
想定価格540円
仮条件540円~600円
公開価格600円
吸収金額6.2億円
時価総額59.9億円
当選枚数公募8,000枚
売出3,500枚
合計11,500枚

IPO取り扱い証券会社

主幹事野村證券
幹事マネックス証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
丸三証券
岡三証券
いちよし証券
西日本シティTT証券
委託幹事カブドットコム証券

力の源ホールディングスのIPO評価

力の源ホールディングスのIPO評価
市場東証マザーズ
上場規模小型
業種人気飲食小売で人気薄
売り圧力ロックアップきつめでVC保有なし
日程面同時上場・過密スケジュールだが影響薄か
当選のしやすさ通常程度
総合評価B(8)
話題性があり公募比+2倍以上の可能性も

力の源ホールディングスのIPOポジティブ要素

業績は利益こそ横ばいですが売り上げは順調に右肩上がりで伸びて行っております。
また過去の結果から公募価格1,000円未満のIPOはプラスリターンになることが多いです。

オファリングレシオが10%と非常に低くプラチナチケットという点も評価できます。
吸収金額が少なく規模が小さいので、需給的には良い環境で初値の結果に期待が高まります。
ロックアップが万遍なく掛かっていて価格上昇による解除がないことも良いですね。

力の源ホールディングスのIPOネガティブ要素

「一風堂」で有名なラーメンチェーン店を運営しておりますが、IPO的に人気化しない飲食業ですので大幅なプラスリターンは望めないと思います。
同時上場ではありますが注目度としてはこちらの方が高いですのでそれほど影響はないと思います。

力の源ホールディングスのIPO総合評価

IPOとしては不人気の飲食小売業ではありますが、小型であること世界的なラーメンブームで今後の成長期待も見込めることから公募比+1.5倍以上の初値は堅いのではないでしょうか。

さらに非常に話題性が高く注目を集めることが予想されますので、公募比+2倍以上の初値も十分に考えられる予想となりますね。
とにかく欲しいIPOということは間違いないですので全力で申し込むつもりです。

力の源ホールディングスのIPO狙い目証券貸会社

IPO申込は主幹事の野村證券からの参加は必須ですね。
今年は主幹事を続々と務めており勢いが違いますね。
当選が難しいと言われていますが、口座保有数が国内最多で資金不要で申し込めることから競争率が高くなっているためです。
激戦ではありますが申し込まないことには当たりませんので根気強く行っていきましょう。

また委託幹事のカブドットコム証券100%抽選ですので当選しやすく穴場証券でもあります。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事や主幹事を務めているIPOで今後も取扱いがあると思いますので、今のうちに口座開設しておくのをおすすめします。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。