IPO取り扱い開始!LINE証券のIPOルールを解説

LINE証券 IPOルール

LINE証券は、LINEと野村HDが共同で設立したスマホ証券会社になります。
2021年5月からIPOの取り扱いを開始しています。




アプリから気軽に取引可能

LINE証券はLINEアプリから投資可能となっており、初心者の方でも手軽に投資をはじめられることが特徴です。

1株から株を買えることや、タイムセールと言った独自のキャンペーンを開催していることもメリットになります。
少額から投資をやってみたいという方にぴったりな証券会社と言えますね。

2回申し込む必要がある

LINE証券のIPOルールは後期型の完全抽選(割合は不明)であり、だれでも当選チャンスがあります。
完全抽選枠は資金力や過去の取引実績は考慮されない為、どなたでも当選の可能性があることが嬉しいですね。

楽天証券岩井コスモ証券等と同じく後期型なので、申込忘れには注意が必要です。
1回目は仮申込(資金拘束なし)、2回目は抽選申込(資金拘束あり)を行う必要があります。

抽選結果はLINEでお知らせ

IPOの抽選結果はLINEの通知で届くので、普段からLINEを使用している方には便利と言えますね。
取り扱い銘柄のお知らせもあるので、ブロックしないことをおすすめします。

抽選結果は抽選日の夕方17時頃に、ウェブサイトでも確認が可能です。

野村證券主幹事案件に期待

年度取扱い数(主幹事数)
2020年41(22)
2019年35(17)
2018年37(23)
2017年38(27)

取り扱い第一号は野村證券が主幹事を務めるコラントッテとなりました。
今後も関連会社の野村證券が取り扱うIPOが回って来ると思われます。

昨年の主幹事実績はトップクラスであり、当選枚数の多い主幹事案件は期待大と言えますね。


優遇抽選枠がある?

募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針には抽選によらない場合についての記載もあり、完全抽選以外も行われることがわかります。
取引実績か資金力なのかは不明ですが、判明次第追記します。

手数料は少し割高

LINE証券の取引手数料は売却時のみ発生します。、

約定代金現物手数料
5万円まで99円
10万円176円
20万円198円
50万円484円
100万円869円
150万円1,056円

他社と比べれば若干割高ですが、IPOの利益を考えると気にしなくて良いでしょう。

入金反映と出金手数料に注意

LINE証券ではクイック入金が用意されており、手数料無料で即時入金可能です。
注意したいのはLINE Payでの入金で、申込に利用できるのが2営業日後になる点です。

また出金ですが、LINEペイ以外の場合220円の手数料が発生します。
LINEペイへの出金は無料ですが、普段から利用していない方にはやや不便と言えますね。

数十万の資金をずっと入れっぱなしにする手もありますが、今後の取り扱い状況が判明してからでも良さそうです。

LINE証券の口コミは?

LINE証券のIPOルールまとめ

LINE証券の詳細・IPOルール
抽選方式後期型完全抽選
配分割合不明
入金タイミング仮申込時
資金拘束抽選申込時
辞退ペナルティ調査中
クイック入金あり
口座開設費・管理費無料
証券口座開設数少ない

LINE証券ですが、アプリで気軽に投資できることが魅力のスマホ証券です。
野村證券主幹事IPOは当選期待が高いと思われることから、忘れずに申し込みましょう。

既に第一号案件も決定しており、今後の取り扱いに期待したいところです。
入出金の問題もあるため個人的には様子見姿勢ですが、最初の主幹事案件は参加しようかと考えています。

LINE証券はタイムセールなどお得な企画が多く、少額資金で株をトレードしたい場合にもおすすめです。

▼口座開設はこちら▼

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。