フィル・カンパニーのIPO戦略!当選確率はどれくらい?

当選枚数が少ない「フィル・カンパニー」の戦略について考えてみました。

フィル・カンパニーのIPO詳細・初値予想はこちら

管理人のフィル・カンパニーのIPO戦略

フィル・カンパニー IPO予想割当枚数
主幹事SBI証券 … 1,147枚
幹事団みずほ証券 … 18枚
岩井コスモ証券 … 6枚

この枚数を見ると、主幹事であるSBI証券にかけるしかなさそうですね。
枚数だけ見ると運よく当たる可能性もありますが、申込者が多数予想されるのと、資金力によって当選期待が高まるということを考えると、かなり厳しい当選確率になると思われます。

チャレンジポイントがある人は使用して当選確率が高くなると思いますが、自分はポイントがまったくないので利用できません。

となると、資金力で勝負するしかないのですが、どれくらい注ぎ込めば当選が見込めるのでしょうか。

最近では少ない株数の申込みで当選した人も多く、資金力だけでは左右されない抽選方式が追加されたのか?

一説には当選株数が以前よりも少なくなった、との見方があるようですね。以前は300株当選レベルの銘柄でも、現在は200株当選ぐらいに減っているとのことです。

それで以前よりも多くの人に当選が行きわたり、当選期待が増えたとのことでしょう。

ただそれでも口座開設者が多いSBI証券で、なおかつ資金力勝負ということには変わりませんので、運に期待するしかなさそうです。

IPOを始めて1か月弱で、運よく3つのIPOに当選できましたので今年は運が良いと信じましょう…!

ちなみに1億円以上あればほぼ確実に当選できるみたいですね!

それほどの資金があればIPOに投資しないかもしれませんが…(^_^;)

本日はSBI証券の話題が中心となってしまいましたが、もちろんみずほ証券からも申し込みを既に済ましております。(岩井コスモ証券は枚数が少ないため今回は見送りました。)
より多くの証券会社から申し込むのが当選攻略への近道ですので、根気強く申込みを行っていきましょう!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。