当選チャンス大!シェアリングテクノロジー(3989)IPOのBB参加スタンスと初値予想!

8月3日に上場予定のシェアリングテクノロジーの仮条件が決定しましたので、初値予想と抽選参加スタンスを含めてお伝えします!


スポンサーリンク




シェアリングテクノロジーのIPO仮条件

市場東証マザーズ、名古屋セントレックス
事業詳細ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」および総合プラットフォームサイト「生活110番」の運営、WEB集客にかかるコンサルティング業務等
業種情報・通信業
ブックビルディング期間7/19(水)~ 7/25(火)
購入申込期間7/27(木)~ 8/1(火)
上場日8/3 (木)
想定価格1,560円
仮条件1,560円~1,600円
公開価格-円
IPO用途広告宣伝費、設備投資、人件費、返済資金など
オファリング・レシオ約23.9%
吸収金額21.5億円
時価総額90.1億円
当選枚数公募6,000枚
売出6,000枚
OA(オーバーアロットメント)1,800枚
合計13,800枚

証券会社別の抽選枚数(予想含む)

証券会社抽選枚数
主幹事大和証券1,620枚
幹事SBI証券162枚
マネックス証券60枚
いちよし証券27枚
SMBC日興証券12枚
みずほ証券12枚
香川証券-枚

シェアリングテクノロジーの初値予想とBB参加スタンス

仮条件と価格設定

割安性なし

シェアリングテクノロジーのIPO仮条件ですが、1,560円~1,600円の少しだけ強気の設定となりました。
現在の地合いであれば、当然の設定と言えるでしょう。

価格設定ですが、予想PERが約30倍以上と割安感はありません。

業種と業績

人気高・業績好調

業種はWEBサービス(バーティカルメディア)ということで、IPOとしての人気はまずまずあります。
業績も売上・利益共に、右肩上がりの成長が続いているということも評価できます。

上場市場と規模は?

中型規模・恵まれた日程

上場市場は初値が高騰期待できる東証マザーズになります。
約22億円の規模ということで、マザーズでは大型よりの中型案件と言えます。
当選枚数も1万枚以上と多めです。

日程面では、7月最後のIPOから少し期間が空いた、8月最初のIPOです。
良い具合に期間が空いて上場が行われますので、注目度・資金集中面の観点からメリットになります。

需給面は?

やや不安な需給環境

オファリング・レシオはまずまず低い値ですが、枚数が多く、ロックアップがかかっていないVC保有株が大量にあります。

他の株主もロックアップ1.5倍で解除されますので、売り圧力が弱いとは言いづらいです。
さすがに1,5倍は超えてくるとは思いますが、初値の上値を押し下げる要因となるかもしれません。

初値予想と評価

初値予想
2,700円〜3,200円

大手予想会社の初値予想 2,900円〜3,400円(仮条件決定前)

シェアリングテクノロジーの初値予想と評価ですが、規模がマザーズとしてはやや大きく、枚数も多いことから大きな初値高騰とはいかないでしょう。
さらにベンチャーキャピタルを含めた売り圧力が多くあることも、初値にとってはデメリットになります。

ただ恵まれた上場スケジュールであることは、ポジティブ要素となります。
現在の地合いの良さとあわせて、初値を押し上げる要因となりそうですね。

業績も好調なので、今後の成長性を期待する一定の買い需要もあるでしょう。

ということで初値予想は、公募比+2倍を上限とする予想とさせていただきました。
良いところと悪い面が交差するIPOだけに初値予想も少し難しいですね。

過去のデータを検証すると、同規模のマザーズ上場IPOは公募比+100%以下がほとんどですので、2倍越えは少々厳しいといったところでしょうか。
とはいっても現在の地合いの良さは最高潮ですので、過去のデータはあまり参考にならないかもしれませんね…。

シェアリングテクノロジーのBB参加スタンス

証券会社スタンス
主幹事大和証券参加
幹事SBI証券参加
マネックス証券参加
SMBC日興証券参加
みずほ証券参加
いちよし証券見送り
香川証券ネット参加不可

参加スタンスですが、もちろん主幹事を含めた、複数の証券会社から申し込むつもりでいます。

いちよし証券は今回、配分枚数が少なくなりそうですので見送りとしました。

枚数が一万枚以上ありますので、当選チャンスが高いですね!
私自身も主幹事の大和証券で、初の当選ができたらと思います!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。