初値はどうなる!?ツナグ・ソリューションズ(6551)IPOのBB参加スタンスと初値予想!

6月30日に上場予定のツナグ・ソリューションズの仮条件が決定しましたので、初値予想と抽選参加スタンスを含めてお伝えします!


ツナグ・ソリューションズのIPO仮条件

上場市場東証マザーズ
業種サービス業
事業詳細アルバイト・パートを中心とした採用コンサルティング、採用活動支援サービス、求人情報メディアの企画・運営等
ブックビルディング期間6/14(水)~ 6/20(火)
購入申込期間6/22(木)~ 6/27(火)
上場日6/30(金)
想定価格1,970円
仮条件1,970円~2,130円
吸収金額10.1億円
時価総額46.9億円

証券会社別の抽選枚数(予想含む)

証券会社抽選枚数
主幹事野村證券352枚
幹事SBI証券20枚
マネックス証券90枚
大和証券27枚
SMBC日興証券14枚
いちよし証券7枚
岩井コスモ証券5枚
エース証券38枚

ツナグ・ソリューションズの初値予想とBB参加スタンス

初値予想と評価

初値予想
3,200円~3,900円

大手予想会社の初値予想 3,700円〜4,200円(仮条件決定前)

ツナグ・ソリューションズの仮条件は1,970円~2,130円と、上限が上振れる少し強気の設定となりました。

業種はアルバイトを専門としている人材系会社となりますね。業績も好調とのことです。
IPOの人気としては高くはないので規模に注目ですが、10億円とマザーズではそこそこの規模となっています。

あと公募価格設定も、成長を織り込んでいるとしても少し割高に感じます。
3社同時上場という点も、資金の流入が分散されてしまう可能性があります。

ただベンチャーキャピタル保有はなく、ロックアップもしっかりとかかっています。
主幹事も野村証券で安心感はありますね。

全般的に見て強い人気が出るIPOではないですが、現在の地合いが続いてこの規模程度であれば、ある程度の高騰は期待できそうです。
しかし価格がやや高い感じがする点と、3銘柄同時上場という点がどこまで初値に影響を与えるかになりそうですね。

上記のことから予想は2倍手前までとさせていただきました。
地合いによってはもう少し上昇する余地はあるかもしれません。

私の参加スタンスですが、公募割れの可能性は低いと思いますので全力で行く予定です。

ツナグ・ソリューションズのBB参加スタンス

証券会社抽選枚数
主幹事野村證券参加
幹事SBI証券参加
マネックス証券参加
大和証券参加
SMBC日興証券参加
いちよし証券参加
岩井コスモ証券参加
エース証券ネット抽選なし

当選が難しいとされる野村證券ですが私自身今年に入って相性が少し良くなっていると感じており、今回も密かに期待しております^^

今年に入って当選したIPOが連続して公募割れとなっておりますので、そろそろ利益が期待できる銘柄に当選したいですね^_^;

直前初値予想とセカンダリー期待度

初値予想
3,900円

直近のセカンダリー相場が不調なため大手予想会社によって評価が格下げされましたが、需給的には問題なく、マザーズ上場でこの規模であれば2倍近い初値を付ける可能性は高いです。
ただ同時上場ということで少なからず資金が分散されることを考慮して、2倍手前の初値予想とさせていただきました。

セカンダリーですが不調と言っても上場直後の活況は凄まじく、短期であれば利益も狙えそうな相場であります。
本IPOは行使できるストック・オプションの数が結構多いので、やや売り圧力は強いですが、過熱すぎない初値形成となれば上場直後は上値を目指していくかと思われます。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。