当選期待大!ギフティのIPO抽選結果と初値予想!

本日はギフティのIPO抽選結果を報告します!
枚数が多く当たってほしいところですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?




ギフティ

ギフティのBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事野村證券参加
幹事大和証券参加
SBI証券参加
みずほ証券参加
マネックス証券参加
SMBC日興証券参加
松井証券参加
岩井コスモ証券参加
岡三証券参加
委託幹事岡三オンライン証券参加

ギフティのIPOですが、人気のテーマで利益が期待できると予想し全力で参加しています。

仮条件はかなり強気の条件でしたが、上限の1,500円で公募価格が決まっております。

ギフティの抽選結果

証券会社名結果
主幹事野村證券落選
幹事大和証券未抽選
SBI証券落選
みずほ証券未抽選
マネックス証券落選
SMBC日興証券落選
松井証券落選
岩井コスモ証券後期抽選
岡三証券落選
委託幹事岡三オンライン証券落選

結果ですが.残念ながら落選でした。
未抽選分がありますが、こちらも恐らく落選でしょう。

昨年からツキのなさを思う存分発揮していますが、諦めずに申し込みを続けていきます。

ギフティの初値予想

初値予想
2,025円~2,400円
(+35.0%~+60.0%)

ギフティの事業は電子ギフト(eギフト)の企画・開発・運営となっており、キャッシュレス関連と見られれば高い人気が期待できます。
今後さらなる市場拡大が見込まれる電子決済サービスであることから、個人投資家からの注目も多く集まりそうです。

吸収金額は約76億円と、東証マザーズではかなり大きな規模となります
ベンチャーキャピタル保有株が大量にあり、公募比+1.5倍で売却できることから売り圧力には気を付けたいところ。

類似企業と比較して割高の価格設定であり強気の条件。
今期業績は大幅増収増益となる見込みで、2Q時点の進捗率も順調。

前日上場の銘柄が2日目に突入しない限りは単独上場となるので、資金が分散する心配もありません。
ロックアップ解除後の売り圧力と投資家の買い需要のどちらが上回るか、セカンダリーにも注目したいですね。

上記のことから、初値予想を公募比+1.5倍前後の予想としました。
注目度の高い銘柄ですが、重量感のある案件でVCによる売り圧力も強いことから、ロックアップ解除付近で値を付けると思われます。

当選報告は?

枚数が多かっただけに当選報告と補欠当選が大量にありました。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。