2019年初当選!日本国土開発のIPO抽選結果と初値予想!

本日は日本国土開発のIPO抽選結果を報告します!
ここで当選できなければ幸先不安ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク




日本国土開発

日本国土開発のBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事三菱UFJモルガン・スタンレー証券参加
幹事大和証券参加
マネックス証券参加
みずほ証券参加
委託幹事カブドットコム証券参加

日本国土開発のIPOですが、現在の地合いなら公募割れは回避できると思い、全力で参加しています。

仮条件は中立の条件でしたが、上限の510円で公募価格が決まっております。

日本国土開発の抽選結果

証券会社名結果
主幹事三菱UFJモルガン・スタンレー証券当選
幹事大和証券落選
マネックス証券落選
みずほ証券落選
委託幹事カブドットコム証券後期抽選

結果は当選となりました。
2019年初当選となります。

全プレだったのかは不明ですが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は規模が大きい案件が当たりやすいです。
東証一部に決まったことで、公募割れは回避できるのではないかと思っております。

日本国土開発の初値予想

初値予想
530円~600円
(+6%~+20%)

日本国土開発の事業は土木・建築業を主力としており、IPOでは不人気の業種となります。
さらに20年前に経営破綻で上場廃止、毛嫌いされる再上場の案件となります。

吸収金額は約79億円と、東証一部としては規模は小さめとなります。
VC(ベンチャーキャピタル)とストックオプションは見当たらず、上位株主にはきつめのロックアップ(180日)。

価格設定は新興銘柄のような割高感はなく、むしろ値ごろ感のある価格帯。
今期業績は減益予想で、成長性は期待できないです。

ただ事業としては底堅いので、長期保有で旨味のある銘柄だと思います。
配当利回りはまずまず高いので、インカムゲイン狙いの投資家に注目されるでしょう。

上記のことから、初値予想を若干のプラスリターンの予想としました。
再上場案件であることは不安要素ですが、需給的にはそこまで悪くなく単価も安いので公募割れはないかと思われます。

当選報告は?

多くの抽選枚数がありましたので、当選報告も多数見受けられました。
もしかしたら全プレの可能性もありますね
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。