東海東京証券から久々当選なるか!?ヴィッツ(WITZ)のIPO抽選結果と初値予想!

本日はヴィッツ(WITZ)のIPO抽選結果を報告します!
初値高騰間違いなしの銘柄ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク




ヴィッツ(WITZ)

ヴィッツ(WITZ)のBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事東海東京証券参加
幹事大和証券参加
SMBC日興証券参加
SBI証券参加

ヴィッツ(WITZ)のIPOですが、人気のテーマで初値高騰が期待できることから全力で参加しています。

仮条件はかなり強気の条件でしたが、上限の2,650円で公募価格が決まっております。

ヴィッツ(WITZ)の抽選結果

証券会社名結果
主幹事東海東京証券落選
幹事大和証券未抽選
SMBC日興証券落選
SBI証券落選

結果は落選でございました。
全プレ案件以外当たる気がしませんが、くじけずに応募を続けてまいります。

次の狙い目は大和証券主幹事の「トビラシステムズ」でしょう。
規模はまずまずありますが、そこそこのリターンは望めると思います。

ヴィッツ(WITZ)の初値予想

初値予想
5,300円~6,500円
(+111.5%~+145.2%)

ヴィッツ(WITZ)の事業は、組込みソフトウェアの提供・開発となっています。
IoTや自動運転技術といった人気のテーマを扱っており、注目度が高いです。

吸収金額は約12億円と、東証マザーズでは小型よりの中型IPOとなります。
VC(ベンチャーキャピタル)保有は見当たらず、上位株主にはしっかりと180日のロックアップがかかっています。

仮条件はかなり上振れましたが、組込みソフトウェアとしては割高感はありません。
業績はまずまずで、今期予想は二けた増益となっています。

日程的にもIPOラッシュ後の丁度良い時期での上場となっており、多くの買いを集めそう。
当日行使可能なストックオプションもなく、売り圧力はなし。

人工知能を活用した自動運転技術を開発しており、テーマ性の高いIPOとなります。

上記のことから、初値予想を初日値付かずも想定した公募比+2倍以上の予想としました。
需給面良好で将来性も期待できる分野であることから、堅調な初値を付けると思われます。

当選報告は?

枚数がかなり少ないこともあって、当選報告もわずかでした。
ただ補欠当選はまずまずとありました。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。