明日上場!SGホールディングス(佐川急便)IPOの直前初値予想とセカンダリー予想!

いよいよ明日、東証一部にSGホールディングス(佐川急便)が上場します!
今年最大の上場規模であり知名度も抜群の企業であることから注目されますが、果たして結果はどうなるでしょうか・・・!

スポンサーリンク




SGホールディングス(佐川急便)のIPO情報

市場東証1部
上場日12/13(水)
事業内容一般貨物自動車運送事業等を行うグループ会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務など
公募価格1,620円(仮条件は1,540円~1,620円)
主幹事引受価格1,543円
上限値段3,730円
吸収金額約1,276億円(+31.5億円)
時価総額約5,187億円(+128億円)

初値予想は?

初値予想
1,820円(+200円)

SGホールディングス(佐川急便)IPOですが、2017年最大規模で一番の目玉IPOと言えるでしょう。
規模は非常に大きいですが東証1部上場ということで、過去の結果を見ても規模の大きさ自体が初値に影響を与えることはないでしょう。

すべて売出株(持株会)であることや5社同時上場(本日値付かずの一家ダイニングプロジェクト含む)であることが不安要素になりますが、佐川の知名度とIPOへの注目度を考慮すればあまり問題ないかと思われます。
ベンチャーキャピタル保有もなくロックアップも180日でかかっているなど、当日の売り圧力が限定的であることもプラスの要素となります。

ということで上記のことから予想は1,820円とさせていただきます。
現在の相場状況とIPO地合いであれば、2,000円付近を目指すことも考えられそうです。
予想としては少し控えめかもしれませんが、5社同時上場による影響をやや受けるのではないかと思います。

私も大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券から当選しましたので、少しでも良い結果になるように期待したいですね。

セカンダリーは?

セカンダリーですが、ストックオプション制度がなく当日は公募組による売り玉のみですので、安い初値が付いた場合は参加するのもアリかもしれません。
依然セカンダリー投資が活況ですので、節目となる2,000円に向けて買われる展開になる可能性もあります。

ただいくら公募組のみといっても今年最大規模の株が出回りますので、少し売りが出ると一気に崩れ落ちる可能性も否定できません。
その代わり幹事団は大手証券会社で構成されていますので、ネット証券の割当が多いIPOよりはまとまった売りが出にくいでしょう。

東証一部銘柄ですので下値は堅いかもしれませんが、リスクもある程度踏まえたうえで参戦するのが良さそうですね。

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。