幅広く未上場企業に投資したい方におすすめ!CAMPFIRE Angels(GoAngel)の評判を徹底解説!

CAMPFIRE Angels

CAMPFIRE Angelsは、DANベンチャーキャピタル株式会社が運営しているクラウドファンディングサービスのことです。
国内の「株式投資型クラウドファンディング」としては、2番目に開始されたサービスとなります。

スポンサーリンク




CAMPFIRE Angelsの詳細情報

項目詳細
運用会社DANベンチャーキャピタル株式会社
サービス開始日2017年9月
取引手数料有り(案件により変動)
最低投資金額10万円~

元はCAMPFIRE Angelsというサービスで展開していましたが、CAMPFIREの子会社に加わったことにより、2020年8月にCAMPFIRE Angelsとしてリニューアルしています。

CAMPFIRE Angelsのメリット・特徴

上場や売却(M&A)によって利益が期待できる

CAMPFIRE Angelsでは投資した企業の株を取得することができます。
投資した企業が上場(IPO)M&Aになった場合、出資金額以上のリターンが期待できる可能性があります。

特にIPOで新規上場を果たした場合、近年のIPOブームにより大きな利益を狙えることができます。

ただCAMPFIRE Angelsで募集している企業すべてが、上場(IPO)を目指しているわけではないことに注意が必要です。

他社とは異なる案件に投資可能

CAMPFIRE Angelsでは、FUNDINNO(ファンディーノ)エメラダ・エクイティで募集していない案件に投資することが可能です。
GoAngelの時の最低投資額は1口(25万円)でしたが、リニューアル後は一口10万円となっています。

案件名企業名応募総額
(1株あたり株価)
“世界一”飲食店に優しいフードテックサービスへ!共創型プラットフォームで新たな食の流通を拓く「ごちめし」Gigi株式会社30,000,000円
(10,000円)
猪塚武氏率いるvKiriromグループがカンボジア国立公園内で展開する「学園都市開発プロジェクト」が始動して4年半。その中核をなすキリロム工科大学第1期生が数々の実績を挙げ、昨年卒業し、日本企業への就職を果たしました。
このプロジェクトが目指すのは「日本の成長企業のための、IT人材の育成と供給拠点」となることです。
vKirirom Japan 株式会社20,000,000円
(250,000円)
商品ブランディングやウェブデザインサービスを提供してきたヒナタデザインは、 実物大表示アプリ「scale post viewer AR」を開発。次世代プロモーションツールとしてEコマース市場を革新し牽引してまいります株式会社ヒナタデザイン10,000,000円
(50,000円)
日経スペシャル「ガイアの夜明け」コーヒー新サバイバル!(2018年5月18日放送)で当社が紹介されました。
新たな市場を拓け!カギを握る 秘境の“ゲイシャ”
エレガント株式会社10,000,000円
(50,000円)
高級ホテルの客室クリンリネスを中心とするハイクオリティのファシリティマネジメント企業株式会社グローバルゲイツ20,000,000円
(54,320円)
会員制の熟成鮨専門店を経営!
医食同源をテーマにしたお食事コンセプトのもと、日本の伝統食文化の鮨 江戸前の技法を更に進化させた当店オリジナルの熟成鮨を銀座から日本へ、日本から世界へ発信してまいります
悟中株式会社16,100,000円
(500円)
日本で唯一のカンガルー関連製品専門商社!
アスリート・モデルやグルメレストランで話題沸騰中のカンガルー肉、『ルーミート』をブランディングし人気にした会社
バセル株式会社9,200,000円
(460円)
日本初の株式会社立小学校!

算数も理科も英語で教える英語イマージョン教育を実践!
日本を誇りに思い、世界で活躍できる日本人を育成します。
株式会社エデューレエルシーエー20,000,000円
(100,000円)
FinTechで企業のグローバル化を支援!

クラウド会計システムの進化形。
クラウド型マルチ言語ERPソフト開発会社
株式会社マルチブック

20,000,000円
(54,320円)

上記は過去の募集案件一覧になります。
GoAngelで募集した案件も含まれています。

企業の成長をサポートできる

投資した会社から定期的に、業績レポートや株主総会の案内が来ます。
実際に株主総会に参加することで、企業のの重要な意思決定に参加することが可能になります。

株主総会では自社製品などお土産をもらえる所が多いので、それ目当てで参加する投資家も多いです。

投資したお礼としてクオカードを送ったりなど、株主還元を行っている企業もあります。
出資してただ待つのではなく、自らサポートをして企業価値向上に貢献できることがメリットになります。

リニューアルで取引手数料が無料に

以前は10%程度の取引手数料が必要でしたが、CAMPFIRE Angelsに生まれ変わってからは手数料が撤廃されています。

10%でもまとまった金額なら無視できない額なので、手数料を気にすることなく出資できることが嬉しいですね。

CAMPFIRE子会社のベンチャーキャピタルが運営

本サービスは、国内最大のクラウドファンディング「キャンプファイヤー」子会社が運営しています。
2015年設立の新興企業ながら、旧サービスGoAngelで着実に実績を積み上げています。

代表の出縄氏はディーブレイン証券を設立し、2010年までに14社を上場させています。
全141社・110億円の資金調達を行っており実績十分と言えます。

上場に至るまでのノウハウを熟知している方が運営するサービスですので、かなり期待できそうですね。

CAMPFIRE Angelsのデメリット

リスクが高い

CAMPFIRE Angelsだけでなく株式投資型クラウドファンディング全体に言えることですが、実際に上場を果たせる会社は一部であり、企業価値によっては損失を被る可能性もあります。

さらにCAMPFIRE AngelsではIPOを目指して募集していない企業も含まれていますので、さらに上場の可能性は低くなります。
元本保証ではないので仕方ありませんが、ハイリスク&ハイリターンの投資であることを頭に入れておきましょう。


案件の取り扱いが多くない

CAMPFIRE Angelsで取り扱う案件の数は多くありません。
もちろん精査せずにどんどん出されれるよりかはマシですが、投資したいときに行えない場合があることが欠点となります。

国内シェアNo.1のFUNDINNO(ファンディーノ)では、次々と有望な案件が出ているので幅広く投資したい方には不向きと言えます。

CAMPFIRE Angelsの口コミ

CAMPFIRE Angelsの評価まとめ

CAMPFIRE Angelsは国内2番目の株式投資型クラウドファンディングであり、現在まで数社の企業の募集を成立させています。
もし投資した企業がIPOになった場合、大きなリターンが期待できることが魅力です。

取引手数料が撤廃されたことで初心者の方も投資しやすい環境になっています。
他では投資できない案件に出資が行えるので、より幅広くベンチャー企業に投資したい方におすすめです。

SNSでもご購読できます。