今年は運なしか!?グッドライフカンパニーのIPO抽選結果と初値予想!

本日はグッドライフカンパニーのIPO抽選結果を報告します!
全く当選できずこのままだと今年はマイナスリターンで終える可能性がありますが、果たして結果はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク




グッドライフカンパニー

グッドライフカンパニーのBB参加スタンス

証券会社名参加スタンス
主幹事みずほ証券参加
幹事野村證券参加
SBI証券参加
岡三証券参加
委託幹事マネックス証券参加
岡三オンライン証券参加

グッドライフカンパニーのIPOは規模が小粒で、まずまずの初値が期待できると思い全力で参加しています。

仮条件は中立の条件でしたが、上限の1,600円で公募価格が決まっております。

グッドライフカンパニーの抽選結果

証券会社名結果
主幹事みずほ証券落選
幹事野村證券落選
SBI証券落選
岡三証券落選
委託幹事マネックス証券落選
岡三オンライン証券落選

結果は残念ながら落選でございました。
主幹事でも抽選枚数が少なかったので当選確率は低いですね。

グッドライフカンパニーの初値予想

初値予想
2,600円~2,950円
(+62.5%~+84.3%)

グッドライフカンパニーの事業は不動産投資事業で、IPOとしては不人気の部類になります。
今年はTATERU不正問題など様々なネガティブ報道もあり、不動産株は軒並み低調となっています。

吸収金額は約7.4億円と、JASDAQ小型IPOとなります。
ベンチャーキャピタル保有株はなく、第一位・二位株主には180日のロックアップがかかっています。

価格設定は不動産銘柄と比較しても割安で、IPOディスカウントがされています。
今期業績は二ケタ増収増益見込みで、すでに3Q時点で利益進捗率が100%以上となっています。

人気薄の不動産IPOに加えて同時上場・IPOラッシュとなれば、資金分散の影響は強く受けそうです。

上記のことから、初値予想を3,000円手前の予想としました。
同じ不動産IPOの「霞ヶ関キャピタル」も思ったより初値が伸びず、現在も下落基調となっているため買いが入りづらい状況が続いております。

需給面では問題ないのですが、地合いによってはさらに初値が伸びない可能性もあるでしょう。

当選報告は?

枚数は少なかったので、当選報告も数えるぐらいでした。
当選された方はおめでとうございます!

IPOおすすめ証券会社はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。